家具 安い

MENU

家具の選び方

私の好きな家具と選ぶ際のポイント

特にこれというブランドは決めていないのですが、家具を見に行ってピン!とくるものは北欧のものが多いです。色彩と日本にはないユニークなデザインに心が惹かれます。

 

家具を買う前に、だいたいの配置やイメージを膨らませ、設置するであろう場所の採寸をしっかりと行います。買ってからたった数センチの差で、その場所に置けなくなったら切ないからです。

 

実際に店頭で、気に入ったものが見つかったときには、まず触れてみます。デザインが気に入ったとしても、使ってみて不便だと思うことになることを避けなければ意味がありません。

 

たとえば、引き出しのある家具(チェスト等)であれば、引き出しやすい持ち手であるかどうか、引き出しの動きはスムーズであるかどうかをチェックします。当たり前のことですが、全体にがたつきがないかどうかも確認します。

 

それがクリアになれば、木のささくれた部分はないかどうか、塗装のハゲやムラがないかどうかじっくりと見ます。

 

デザインが気に入っていて、実際に使用する際の不具合がない場合は、多少のキズは気にしないのですが、買う前に納得しておきたいという気持ちはあります。どうしても気になるキズがあるときは、この時点で購入は見送ります。

 

ここまですべて問題なければ、価格を確認し、即決で買うかどうかを検討します。
もし、予算がオーバーしている場合は、他のお店に同じようなデザインの家具が置いていないかを見にいきます。

 

結果、家具を選ぶ際のポイントは、デザイン、実用性、価格すべてを満たすものということになります。過去にデザイン重視で選び、失敗したことがあるので、好みのものを見つけたときにも少し冷静になることを心がけるようになりました。

 

お気に入りの家具とは、なるべく長く一緒に生活したいですね。

 

 

家具選びのコツ

1年ほど前に、引越しを機会に家具を全部買い替える事にしたんです。今まで使っていた家具類も使えるんですが、引越しに合わせて心機一転するのも気持ちがよくていいですよね。

 

でも、家具を買い替えるとなると金額的にもかなり厳しい(*_*)ソファにテレビボード、テーブル、ベッドなど全部安い物ではないですからね。

 

もちろん中には安い物もあるんですが、安すぎたらその分質も悪いし、デザインもイマイチ。。。かといって、気に入った家具を揃えていたらとんでもない額に。

 

このような時は、自分の中で絶対に妥協したくない家具を数点決める事が秘訣です。私の場合は、ソファとベッドです。ソファとベッド共に、快適に生活するためには良い物を買う方が絶対!

 

テレビボードやテーブルなどは多少は我慢できます。シンプルな物であれば安く買う事が出来ますからね。そこで、ソファとベッドだけはこだわりを持って購入し、他の物は出来るだけシンプルで安い商品を買いましたよ。

 

もちろんお金があれば、全部自分好みの物を買う事が出来るんですが、そういう訳にもいかないですからね。次買い替える時は、値段の事を気にせず買えるように頑張って行くしかないですね(^^)/

 

あと、簡単に部屋をお洒落に見せるコツとしては、間接照明を上手に使う事です。照明一つで、部屋の雰囲気はガラリと変わりますからね。家具を買い替えるお金がない、でもお洒落な部屋にしたい、といった場合は間接照明を取り入れるのが良いですよ♪

 

 

庶民の家具の選び方 創作しだいで可能性を秘めたものは?

現代ではファッション性やインテリアなど外見にこだわる傾向があります。家具も同じように使い勝手ももちろんのこと機能的でコンパクト、そして優美なデザイン性がもてはやされるでしょう。

 

和風の家具は陰をひそめ、モダンな線形の機能美が光って21世紀の現代を思わせる見栄えが人々の関心をひくもの。そうした時代でも私は実用性やコストにこだわっています。

 

単純に予算の都合からくるものですが、お金をかけずにいいものを手に入れることも意義のあることなのではないかと思ったりするわけです。カタログを見てため息をついてしまう人々も私だけではないはず。

 

安い家具を見つけてくるのも骨だったりしますし、私はダンボールや空き箱、要らなくなったケースを再利用したりしてます。

 

主婦の財テクのようですが、これも良いことかと感じていたりしながら切ったり貼ったり加工するのです。テレビでも見かけるような生活の知恵ですね。これも面白さを感じ出せばはまっていくもの。

 

正直なところ見た目はかなり貧相ですが、自分には似合っていると感じ気に入ってます。インテリアはその人となりを表したりもするものでしょうが私はきらびやかにゴージャスにといった雰囲気が似合わないのでこれもいいのかなと感じたりしてます。

 

これらをあまり見た目がひどくないように加工したりもするものですが、ほぼそのままむき出しの状態で使ってしまうのも私だけではないでしょうか。

 

家具というものも使い込むものといいますが私は特にこれといった趣味もない、こだわりもないというないない人間。それがかえってお金がかからずにいいものだということを言いたかったりします。

 

「優雅で繊細」などといったキャッチコピーに流されない選び方もいいのではと一人で思ったりするこのごろです。

 

余談ですが、今度作ろうと思っている家具はダンボールのいす。貧乏人の代名詞的なダンボールですがこれは工夫次第なので創作意欲もわいてくるというものです。

 

 

IKEAやニトリの家具

ここ数年人気の家具店で「IKEA」や「ニトリ」の名前を聞くことが多いですよね。
IKEAはスウェーデン発の家具専門店、ニトリは国内最大手の家具専門店ですね。

 

どちらも人気の秘密は値段が安い事ではないでしょうか。「カッシーナ」「モリシゲ」「キンデル」など高級ブランドの家具を買える余裕があれば一番いいんですが、誰もが簡単に買えるわけではないですからね。

 

それにデザイン性でもIKEAやニトリの商品は、シンプルで利用しやすいといった点も人気の一つだと思います。
ちょっと変わったデザインの家具が欲しい、他の人とは違う物を・・・。といった方にはちょっと向いてないかもしれませんが、シンプルで安く買える家具を求めている方にはお勧めですよ。

 

ちなみに、おしゃれ重視で購入するなら、IKEAの家具がお勧めですね。北欧系のデザインでシンプルながらにお洒落な感じがします。ただ、ちょっと作りが雑な気もするので質にこだわる方にはちょっと向いていないかもしれませんね。。。。